スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共食い

最近池から掬った仔メダカがどうも数が減って行くと思い、

水槽に仔メダカを入れるとき、しばらく見ていたら、

今年最初の頃に池から救い、体長2センチくらいと、だいぶ大きくなってきた仔メダカが、

池から掬った仔メダカを「すぽ」っと吸い込んだ・・・

そーゆーことをするか。

水槽を2本にしました。

おかげさまで足首の痛みも少なくなってきています。

もちろん胃薬も服んでいます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あー・・・^^;

メダカは馬鹿だからやりますね・・・
親メダカは1cm以下なら仔メダカ食いに行ったりとか、仔メダカ同士も結構やります。

僕はマツモを水面に浮かべて、大きめの仔メダカの機動性を阻害させる方法を採っています。
あとは、水替えをきちんとする代わりに、指ですりつぶした餌を多めにあげて満腹にさせておくとか(笑)

1ペアの親メダカの水槽だと仔メダカが増えるのは、親メダカの満腹になりやすさに助けられてるように思います。

マツモは水質浄化にも役に立つ上にプランクトンも涌きやすく、根も生えず撤去も楽で、しかも安いのでお薦めです^^


足首の痛みですが、鎮痛には冷やした方がいいですが、温めた方が治りは早いので足湯が良いかもです。足湯はふくらはぎの膨らみの下あたりのツボまで温めるのがポイントらしいので、足湯バケツなどを使うと手軽です。バスクリン系の温泉の素を入れるとさらに効果的らしいです。膝も含めて脚全体の血行が良くなると思うので、よろしければお試し下さい。

No title

メダカもハムスターみたいに子供食べちゃうんですね。足の具合が良いようなのでこのままあとは痛みが引くまでの辛抱ですね。

しっかし…食欲の秋?

魚類は口に入る大きさが、補食対象か否かの境目と、その点だけをあげれば、昆虫よりもお馬鹿な生物ですね!
すっかり朝晩は涼しくなりましたが、今日は台風くずれの影響で、昼間は蒸し暑かったですね。
私事、明日、明後日は富士山麓の朝霧に一泊の取材に出掛けます。夜は淋しい場所の様なので、堀辰雄の小説「晩夏」を持参しませう。

No title

うーん、食欲旺盛なメダカさんですね。
足首の痛みが少なくなってきたのはよかったですね。一安心しました。
だんだんと秋めいてきていますので風邪など引かぬようにお大事にしてくださいませ。

No title

たがみさん、皆さんこんにちは。

メダカのことはよくわかりませんが、共食いするんですね~。
初めて知りました。

自分もメダカ飼ってみようかな。
少数で同じ大きさなら大丈夫でしょうか。

小さい頃は田んぼでよくメダカを捕まえではしばらく飼っては遊んでいましたが、
今思えば、多種いる小さい魚類の中で何故メダカが良いのでしょう。
小さくてちょろちょろと泳いでいる様が愛らしいというのはわかるのですが・・・。
(たがみさんはじめ、メダカ愛好家の方、すみません)
これも、実際にメダカを飼ってみればわかるのかな。

失礼しましたm(__)m
プロフィール

たがみよしひさ

Author:たがみよしひさ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧

■ ブログ名:toyozo's wabisabi syndrome

■ ブログ名:雲の歳さんのなんやかんや

■ ブログ名:ニョろぐ

■ ブログ名:♪♪

■ ブログ名:Not Found

■ ブログ名:時には遠くへ想いを寄せて
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。